或る日 甘い歌がやどつたその思ひ出に


人はときをりこれを手にとりあげる


弓が誘ふかろい響――それは奏でた

 

立原道造『民謡』より